代行サービスのメリット

会社設立には、多くの手続きや煩わしい準備が必要となり、これを個人で行うにはかなりの無理が生じてきます。そのため、会社設立には会計事務所の会社設立代行サービスを利用することをおすすめします。では、この代行サービスには具体的にどのようなメリットがあるのでしょう。

まずは手続きについてですが、基本事項の決定や法人印の作成、印鑑証明書の取得、定款の確認や資本金の振込など、自分自身で行わなければいけないものもあります。ただ、その他の許認可の確認や、定款の作成および認証手続き、登記書類の作成に法務局への登記申請など煩わしい手続きはすべて会計事務所が行ってくれるのです。

また、会社設立の費用面についても、高いイメージがありますが、場合によっては個人で行うよりも安くなることもあるのです。そして最も大きなメリットとしては、その時間と労力でしょう。個人で申請などの手続きを行うには、その準備に膨大な労力を費やすことになります。結局、この作業が元で会社設立を断念する人もいるのです。そういう点で、会計事務所に依頼すれば、かなりの時間と労力を省くことができ、独立後の運営に専念できるというわけなのです。このように会社設立は、会計事務所の会社設立代行サービスでスムーズに行うのが賢い選択と言えます。(推奨リンク⇒会社設立代行サービス:アディーレ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社設立とその流れ

独立を考えたとき、まずは個人か法人かで悩むこととなります。ただ、個人を選ぶ人の多くは、会社設立に際して、面倒な手続きが多く、専門的な知識が必要なため、その煩わしさから個人事業主となっているのです。では、会社設立の流れとはどのようなものなのでしょう。

会社設立は、事業計画を作ることから始めます。どのような業種で、どういった事業内容で、そして売上や利益の計画を立てるのです。そして、その事業を行う上での許認可を確認し、そして独立要綱を決めたり、法人印を作ったりという準備を行います。本格的に会社設立に向けて動くのは、定款の作成からとなります。会社の目的や屋号、発起人などを記した根本的な規則を策定し、それを公証役場へ申請するのです

その後、独立登記申請書などの必要書類を作成したり、印鑑証明書などを取得し、資本金の振り込みを行います。ここまで行くと、後は法務局への申請や登記簿謄本の取得などを経てようやく会社設立となるのです。こうした流れの中で、様々な手続きや準備が必要となり、個人でこれらを全て行うには、かなりの時間と労力を消費してしまうことになります。そういった時、会計事務所に相談することで、煩わしい手続きから解放されるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

個人と法人の違い

現在、個人事業主として商売をしている人、あるいはこれから独立を考えている人にとって、会社設立というのは、一つの目標でもあるはずです。ただ、個人事業主である場合と、法人となった場合との明確な違いをあまり理解できていないため、二の足を踏んでいるケースも多いのです。では、個人と法人の違いとはどのようなものなのでしょう。

まず最も大きく違う点としては、給与所得控除があります。個人事業主の場合は利益が全て収入とみなされ、課税対象となります。つまり、給与所得控除を受けられない仕組みになっているのです。しかも、税率が累進課税となっていため、所得が増えるほど税金も高くなってしまいます。また、退職金についても、法人であれば必要経費として節税効果がありますが、個人では経費としては認められません。

他にも、債務の弁済ができないと判断された場合は個人では資産が差し押さえられます。逆に、法人であれば、有事責任を負うため資産の差し押さえはないのです。そして、労働環境という視点で見れば、社会保険の問題や、経営者が死亡した場合の給与支払いの問題など、やはり個人よりは法人であることのほうが、安心して働けます。このように、経営者にとっても労働者にとっても、個人と法人の違いは明らかと言えるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社設立は会計事務所で

会社設立を目指す人にとって、大きな問題となるのはその手続きでしょう。この手続きにはかなりの時間と労力を費やすこととなりますので、これを個人で行うことを考えると、やはり個人事業主のほうがいいという選択になるわけです。しかし、個人事業主と法人とでは、事業を運営していく上で明確な違いがあります。

個人事業主の場合、利益は全て個人の収入と見なされてしまいます。そのため、給与所得控除が受けられず、利益すべてが課税対象となるのです。さらに個人の場合、税金は累進課税となり、基本的に税率が一定の法人と比べ、税金の面でもかなり不利となります。他にも、労働者側から見ても社会保険や給与の支払いなど、従業員の待遇という点でも、法人のほうが手厚く安心して働くことができるのです。

会社設立の流れとしては、事業計画書の作成から始まり、定款の作成、登記書類の作成、資本金の振込などを経て、登記申請、そして会社設立となります。この一連の流れの随所に、煩雑な手続きや書類の作成があり、到底個人では賄い切れないものなのです。そういう意味で、会社設立を考えた時は、会計事務所の会社設立代行サービスを利用するのが賢明でしょう。この代行サービスを利用することで、手続きが漏れもなくスムーズに進み、短い期間で独立できるのです。そして、独立後のアドバイスやサポートももちろん期待できます。このサイトは、会社設立と会計事務所の会社設立代行サービスについて説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket