会社設立とその流れ

独立を考えたとき、まずは個人か法人かで悩むこととなります。ただ、個人を選ぶ人の多くは、会社設立に際して、面倒な手続きが多く、専門的な知識が必要なため、その煩わしさから個人事業主となっているのです。では、会社設立の流れとはどのようなものなのでしょう。

会社設立は、事業計画を作ることから始めます。どのような業種で、どういった事業内容で、そして売上や利益の計画を立てるのです。そして、その事業を行う上での許認可を確認し、そして独立要綱を決めたり、法人印を作ったりという準備を行います。本格的に会社設立に向けて動くのは、定款の作成からとなります。会社の目的や屋号、発起人などを記した根本的な規則を策定し、それを公証役場へ申請するのです

その後、独立登記申請書などの必要書類を作成したり、印鑑証明書などを取得し、資本金の振り込みを行います。ここまで行くと、後は法務局への申請や登記簿謄本の取得などを経てようやく会社設立となるのです。こうした流れの中で、様々な手続きや準備が必要となり、個人でこれらを全て行うには、かなりの時間と労力を消費してしまうことになります。そういった時、会計事務所に相談することで、煩わしい手続きから解放されるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket