代行サービスのメリット

会社設立には、多くの手続きや煩わしい準備が必要となり、これを個人で行うにはかなりの無理が生じてきます。そのため、会社設立には会計事務所の会社設立代行サービスを利用することをおすすめします。では、この代行サービスには具体的にどのようなメリットがあるのでしょう。

まずは手続きについてですが、基本事項の決定や法人印の作成、印鑑証明書の取得、定款の確認や資本金の振込など、自分自身で行わなければいけないものもあります。ただ、その他の許認可の確認や、定款の作成および認証手続き、登記書類の作成に法務局への登記申請など煩わしい手続きはすべて会計事務所が行ってくれるのです。

また、会社設立の費用面についても、高いイメージがありますが、場合によっては個人で行うよりも安くなることもあるのです。そして最も大きなメリットとしては、その時間と労力でしょう。個人で申請などの手続きを行うには、その準備に膨大な労力を費やすことになります。結局、この作業が元で会社設立を断念する人もいるのです。そういう点で、会計事務所に依頼すれば、かなりの時間と労力を省くことができ、独立後の運営に専念できるというわけなのです。このように会社設立は、会計事務所の会社設立代行サービスでスムーズに行うのが賢い選択と言えます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket