会社設立は会計事務所で

会社設立を目指す人にとって、大きな問題となるのはその手続きでしょう。この手続きにはかなりの時間と労力を費やすこととなりますので、これを個人で行うことを考えると、やはり個人事業主のほうがいいという選択になるわけです。しかし、個人事業主と法人とでは、事業を運営していく上で明確な違いがあります。

個人事業主の場合、利益は全て個人の収入と見なされてしまいます。そのため、給与所得控除が受けられず、利益すべてが課税対象となるのです。さらに個人の場合、税金は累進課税となり、基本的に税率が一定の法人と比べ、税金の面でもかなり不利となります。他にも、労働者側から見ても社会保険や給与の支払いなど、従業員の待遇という点でも、法人のほうが手厚く安心して働くことができるのです。

会社設立の流れとしては、事業計画書の作成から始まり、定款の作成、登記書類の作成、資本金の振込などを経て、登記申請、そして会社設立となります。この一連の流れの随所に、煩雑な手続きや書類の作成があり、到底個人では賄い切れないものなのです。そういう意味で、会社設立を考えた時は、会計事務所の会社設立代行サービスを利用するのが賢明でしょう。この代行サービスを利用することで、手続きが漏れもなくスムーズに進み、短い期間で独立できるのです。そして、独立後のアドバイスやサポートももちろん期待できます。このサイトは、会社設立と会計事務所の会社設立代行サービスについて説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket