個人と法人の違い

現在、個人事業主として商売をしている人、あるいはこれから独立を考えている人にとって、会社設立というのは、一つの目標でもあるはずです。ただ、個人事業主である場合と、法人となった場合との明確な違いをあまり理解できていないため、二の足を踏んでいるケースも多いのです。では、個人と法人の違いとはどのようなものなのでしょう。

まず最も大きく違う点としては、給与所得控除があります。個人事業主の場合は利益が全て収入とみなされ、課税対象となります。つまり、給与所得控除を受けられない仕組みになっているのです。しかも、税率が累進課税となっていため、所得が増えるほど税金も高くなってしまいます。また、退職金についても、法人であれば必要経費として節税効果がありますが、個人では経費としては認められません。

他にも、債務の弁済ができないと判断された場合は個人では資産が差し押さえられます。逆に、法人であれば、有事責任を負うため資産の差し押さえはないのです。そして、労働環境という視点で見れば、社会保険の問題や、経営者が死亡した場合の給与支払いの問題など、やはり個人よりは法人であることのほうが、安心して働けます。このように、経営者にとっても労働者にとっても、個人と法人の違いは明らかと言えるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket